【UVERworld】Takuya∞から学ぶ成功法則 〜濃いファンの作り方〜

どうも、ちゅーやです!

 

今回は日本を代表するロックバンド
UVERworldのTakuya∞さんから学ぶ
〜濃いファンの作り方〜

についてお話しします。

 

 

過去1と言っていいほど
気持ち込めて書きました。

 

今後の価値観を
ガラッと大きく変える内容ですので
ぜひ最後まで読んでいってください。

 

 

5分でサクッと読めます。

 

〜〜〜

 

 

僕自身、
UVERworldのTakuyaさんの言葉に救われて
どうしようもない中卒サラリーマンから
勇気を出して起業して、

今では週休7日で
毎日自分の好きなことができる
ライフスタイルを手に入れることができたので

今回はそのお話しも含めながら
語っていきたいと思います。

 

UVERworldのTakuyaってどんな人?

 

UVERworldは佐賀県出身の
六人組のロックバンドで
本当に下積み時代が長かったバンドです。

 

デビューしたのも
Takuya∞さんが25歳の時で
(今の僕と同じ年齢だ)

決して音楽業界では
早い方ではなかったんですね。

 

デビューしてからも順風満帆とはいかず
これまでずっと一緒にやってきた
SAX担当の誠果さんに対して

事務所から「SAXはいらない」
と言われて一緒にデビューできなかった
という過去もあります。

2014年3月26日にSAXの誠果さんは
正式メンバーに戻ってくることができて
今は一緒にUVERworldとして活動されてます。

 

そこから現在に至るまで

 

・2017年、さいたまスーパーアリーナに
 当時アーティスト史上最大の男性のみ
 23000人を動員したり

・2019年では東京ドームに
 男性のみを動員させたライブを開催したり

 

日本のアーティストの中でも
唯一と言われる偉業を成し遂げ続けています。

 

 

そしてUVERworldのボーカル
Takuya∞の魅力はなんと言っても
心にどストレートにブッ刺さる歌詞です。

↓↓↓

僕の人生を一発で変えた
Takuya∞の書く歌詞

僕は元々、
中学時代のテストの成績は
3年間ずーっとビリだったり。←ガチ、笑

案の定、中卒になってしまい
10代は遊び呆けて
将来のことなんて誰よりも
考えてこなかったような人間です。

 

16歳〜21歳くらいまで
現場仕事しか経験してこず
22歳頃からは派遣で工場勤務をしてました。

 

まさにその工場で働いてた時、
通勤中も退勤中も夜勤中も
ひたすらUVERworldを聴きながら
過ごしてたのを今でも覚えています。

 

Takuyaさんの書いた歌詞は
夜勤中や運転中になんとなく
聞いてるだけなのに

心の1番奥底の部分に
ズドンっと突き刺してくるような感覚で

思わずパッと目を見開いてしまうような
思わず一滴の涙が出そうになるような…

そんな歌詞ばかりです。

 

その影響も確実にあって
僕は起業したし、今でも挑戦しまくってます。

 

いくつかの曲の歌詞を紹介させてください。

↓↓↓

一滴の影響
ずるい奴が笑う世界
そう言いながら物事が
ゆっくりでもいい方に進むと信じ今日も
正しく生きようとする君は素敵だよ
そんな自分を愛してあげてよ
当時僕も散々上司の愚痴を言いながら
毎日を過ごしていたなぁ…と。笑
で、人って愚痴を吐けば吐くほど
そのネガティブな言葉って自分の耳が
一番聞いてるわけだから

どんどん気持ちが下がってしまうなと
思うんですね。

でも、それでも毎日頑張って
やることやってる自分は
褒めてあげようと思えました。

わざわざ自分を下げる必要もないなと
そう思わせてくれた歌詞です。

そもそも生きてるだけで偉いのに
さらに仕事してるって超偉い。
そこにさらにプラス副業考えてるって
ハイパー偉いじゃん。結果出したら天才じゃん。
脱サラしたら神じゃん。人に教えたら仏じゃん。
教えた人が結果出したら
なんかもう天国仕切ってる人じゃん
(死んでるやん)

このくらいのノリで僕は起業して
今ではビジネス人に教えてるわけなので
まぁ人生何があるかわからないなと思います。笑

ENOUGH-1
そこら中に散らばってる幸せ
ガキは気付くのがヘタクソなだけ
〜〜〜〜
世間じゃ自分の子供に就いて欲しい
職業ランキング第1位:公務員
親が安定を望むのは 当たり前
俺も孫にこう言うよ
そいつに何の才能もなかったとして
なのに音楽の夢なんか追っかけてしまったとして
そろそろ業界もヤバそうだからさ・・・
『素敵なミュージシャンになれよ!』

いや、ヤバ!!!
ヤバすぎでしょぉぉ……

 

ごめん、超興奮してる。

僕も一応文章を書くことを
生業としてる身として

こりゃ1000年鍛えても出てこんわ、と。

誰が勝てんねん、こいつに。
日本人誰がタクヤに勝てんねんって聞いてんじゃ、と。

 

逆にアホ、1000周回ってアホだと思う。

日本一言葉のパンチ力を持ってますねぇ。。

 

…。

 

 

気を取り直します。

 

そうそう、確かにこの歌詞通りだなって。

僕元々、自分の人生に対して
ものすごい不満があって
まぁそれも全て自分の責任なんだけどね。

SNSで海外とかいって
いかにも人生充実してます〜って感じの
投稿とか見ると、

なんか自分がすげぇ不幸みたいになってたし。

 

都内の大学行って
楽しそうにしてる同級生とか見て

黙れクソがテメェ○すぞ
とか正直思ったりしてました。

 

全部嫉妬なんだけどね。

 

 

でも

 

そこら中に散らばってる幸せ
ガキは気付くのがヘタクソなだけ”

 

これ当時の僕にスッゲェぶっ刺さった…。

 

綺麗事じゃなくて事実的に
人と比べるのって無意味だなと。

じゃあどこまで行きゃ自分は満足するんだ
って話になってきて

ジャスティンビーバー越えるまでか?
って話にもなってきて

 

そうじゃないですね。

 

マジで幸せだと思えるものなんて
そこら中に散らばってて

結局自分が幸せなのか否かは
捉え方次第だなって思うようになりました。

 

 

”世間じゃ自分の子供に就いて欲しい
職業ランキング第1位:公務員
親が安定を望むのは 当たり前
俺も孫にこう言うよ
そいつに何の才能もなかったとして
なのに音楽の夢なんか追っかけてしまったとして
そろそろ業界もヤバそうだからさ・・・
『素敵なミュージシャンになれよ!』”

 

 

この歌詞を聞いたときは

「あぁ、じゃあ俺もごちゃごちゃ考えず
 やりたいことやろう」

って本気で思えた。

 

 

そろそろ業界もヤバそうだからさ・・・
『素敵なミュージシャンになれよ!』”

↑↑↑

これってビジネス業界でいう

「アフィリエイトはもう稼げない」
「物販はすでに飽和してる」
「今更ブログなんかやっても稼げないよ」

こういう風潮があるんですけど

正直、僕もビジネス始めようとしてた時
「何から成功するかなぁ〜…」
って長い期間、考えてましたね。

 

でも結論、
別にやりたいと思ったことやればいいじゃん
ってなりました。

 

結局自分が選んだものを
正解にしていく作業なわけなので。

 

 

なので僕服好きだったので、当時は
アパレルのネットショップを開業したんですけど

その時は正しいビジネスの知識も
集客の知識も皆無のまま
気合いだけでSNS使って
やってたので、微妙な感じで終わったんですけど。笑

結局、そこからたくさん失敗もしてきて
ほんっっっっとに1周したなって思います。

 

マジで色んなこと試して
信じられないくらい失敗してきて
今、リスクほぼ0で始められる
ビジネスモデルに挑戦して、そこから
1年以内に月収が会社員の4倍くらいになって

って感じで来れたので、

結果あの時「えいやっ!」って
勇気を振り絞って挑戦してきて
本当によかったな、って思います。

 

 

そうそう、ちなみに今言ったように
僕も過去にたくさんの失敗をしてきて
200万円近く無駄にしてきた経験もあるので

もしこれから副業・ビジネス始めようと
思ってる人がいるなら

そういう人にわざわざ僕と
同じ失敗してほしくないなって思って

ちゃんとリスク0で挑戦できる
まさに今僕がやってるビジネスモデル
の仕組みをメルマガで無料公開してるので

ぜひ興味がある人は
登録してみてくださいね!

画像をクリックで登録できます
↓↓↓

 

UVERworldから学ぶ最強のファン化
〜Takuyaという男の生き様に惚れる男たち〜

 

UVERworldのライブでは毎回
成人を超えた大人の男が号泣しまくってる、
という珍しい現象が起きています。笑

 

それも、本当に
引いちゃうくらい号泣してるんです。

(素敵だと思います)

 

 

曲中では
ウォーーー!!!!って
天井抜けるんじゃねぇかってくらい
泣きながら拳上げてて

 

ボーカルTakuya∞のMC中では
ファンは、Takuya∞の言葉を
一文字も聞き逃さないようにと
真剣な眼差しで号泣しながら
しっかりその言葉を持ち帰ります。

 

ちなみにこれ最初の1分で泣きます
↓↓↓

 

 

いや〜、感情揺さぶられまくりです。

 

この動画の最初のファンからの手紙の内容を
書き起こしたものがこれです↓

Takuya∞へ
これはすごく私的な話だから
無視してもらっても構いません。

ただ、目に止まればいいなと思って
此処に書き記すね。

昨年の12月19日は私は生きてきてから
今までを過ごした家を火事で無くしました。
亡くなった母と過ごした家だったし
捨てきれなかった母からの最後の誕生日の
手紙も無くしてしまいました。

本当に全てを無くしてしまったの。

そんな中、UVERworldのクリスマスイブの
チケットだけは奇跡的に残ってた。

ボロボロの格好で
クリスマスで賑わう街を歩いて
ライブに行きました。

これは勇気をもらいに『行け』と
天から母から言われてるようで

その時のTAKUYA∞のMCは
今までに聞いたことがないもので。

「特別なことは突然起こるんだよ。
だから、その時にそれに対処できるだけの
心の広さを持っていたいよね。」

と言っていて泣いてしまいました。

火事の後もちょくちょくコメントは
残してはいたのだけど
それに反応してくれたかのようなMCで
本当に救われました。

UVERworldにはたくさん救われたけれど
「在るべき形」と「悲しみはきっと」に
本当に本当に救われました。

だからこの曲を
クリスマス(12月25日武道館公演)に
歌ってほしいです。

火事からあと少しで1年。
踏ん張って、頑張ってそれでも
前に進み続けた1年でした。

UVERworldのおかげです。
本当にありがとう。

だからちょうど1年後の約束には
『悲しみはきっと』を聞きたいと思いました。

どうぞよろしくお願いします。

僕はこの動画を初めてみた時は
情報発信頑張ってたけど
なかなか濃いお客さんがつかなくて
行き詰まってた時なんです。

 

 

でも、このたった8分の動画が
その後の僕のお仕事の状況を
いとも簡単にコロッと変えてしまいました。

めちゃくちゃ良い方向に
変えてくれました。

 

 

あぁ…、そういうことか、と。

 

僕はこれまで
ノウハウとかテクニックとか
セールスや集客の裏技とか

そういう小手先の情報ばかり
求めていたけれど

 

そういうことじゃない。
大事なのはそこじゃない。

 

 

今いるお客さんを大事にするとか
お客さんの気持ちにちゃんと答えるとか
一人一人にちゃんと向き合うとか

 

そういうもんなんだな、って
心の底から思えたんですね。

 

このたった8分の動画は
当時の僕にとってはどの教材を買うより
よっぽど有益で効果的なコンテンツでした。

 

そこから僕は
今いるメルマガ読者さんと
より濃く、より密に信頼を深めるために

一人一人のお客さんと通話して
直接、お悩みを解決したり

メールの返信で困ってることや
つまづいてる箇所の相談がきたら
その人だけに限定動画を撮って送ったり、と

 

とにかく無償の愛のギブ精神で
一人一人に直接、価値提供しました。

 

 

そしたらびっくりです、

そうやって直接僕が通話したり
限定動画をプレゼントしたりしていた
お客様の多くが

その後、僕の商品を買ってくれたんです。

 

 

その瞬間、改めて

こういうことなんだな、と

心から感じました。

 

 

そんな僕から
まだビジネスがうまくいかない人への
アドバイスをさせていただきます。

 

・多くの人に見てもらわなくていい
 まずはたった一人の大ファンを作りましょう。

・そしてたった一人を感動させることができれば
 同じようにあなたの発信に価値を感じてくれる
 また同じくらい濃いファンがまた一人つきます。

・そして何より大事なのは
 1日1人にでいいから「ありがとう」を
 言ってもらえる行動をすることです。

 

1日1人でいいから
1日経ったの1回でもいいから
「ありがとう」を集められれば

あなたのビジネスはうまくいきます。

 

 

ビジネスというのはお金稼ぎ
ではなく、ありがとうの対価です。

 

お金稼ぎではあるんです、そりゃあね

 

でも「稼ぎたい!」って気持ちが先行して
お客さんから奪う思考になった時点で
びっくりするくらいうまくいきません。

 

 

「ビジネス」と聞いだけで
「怪しい」と感じる人もまだ多いですが

本当にちゃんとビジネスやろうと思ったら
もう変な小細工はできません。

 

正しい知識を真っ直ぐ学んで
お客さんと真っ直ぐ向き合って
本気でお客さんを勝たせようと
思ってる人じゃないと

僕は絶対にうまくいかないと思います。

 

 

僕らも発信者であり、
キャラビジネスです。

 

現代は「店検索」ではなく
「人検索」です。

 

僕らのような実際にリアルで
店舗経営をやっているわけではなく
オンラインで商品販売してる
ビジネスマンも同様です。

 

商品を扱っている以上、
僕らは1つのお店であって

「この商品が価値ありそうだから買う」

というよりは

「この人の商品だから買う」

というのが本質です。

 

 

マーケティング?
コピーライティング?
SEO?

 

もっと大事なものがありますよ。

 

 

フォロワーや顧客リストは
単なる数字ではなく

スクリーンの向こう側には
生身の人間がいます。

 

お客様と徹底的に向き合って
「あなただから買いたい」
と言ってもらえるような

幸せな働き方を目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

という、この価値観を
僕はUVERworldから学びました。

 

 

どんなジャンルの発信だろうが
自分を求めてきてくれる
お客様がいる活動であれば

本質は一緒だと思います。

 

 

僕は今後も
僕のことを求めてくれるお客様を
大事に大事にしていきたいと思います。

 

 

 

ということで長くなりましたが
今日はこの辺で終わりにします(´ω`)

 

ここまで読んでくださり
ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕はPC初心者の状態から
ビジネスを開始して1年以内に
月収30万→90万→120万と達成しました。

昔は現場職人や派遣社員として
中卒サラリーマンとして働いていましたが
今はたった一人でPC1台で稼いでいて
仕組み化してるので週休7日の生活も手に入れてます。

怪しいですよね、わかります。

お前には才能があったんだろ?
と言われますが、

元々中学時代の成績は
3年間学年ビリだったし
社会人になっても
会社を仮病でサボるような人間でした。

そんな落ちこぼれ中卒サラリーマンでも
自分で稼いで、起業できてるわけなので
ビジネスに才能なんぞ不要です。

どんな人でも学んで行動さえすれば
稼げるようになります。

ビジネスと出会い、週休7日の生活を
手に入れるまでの過程は
コチラで暴露しています↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記画像をクリックして
”極秘コンテンツサイト”を
無料で受け取る

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧