中卒男(23)がノリで会社辞めてみた。

 

はじめまして、ちゅーやです。

 

 

「パソコン1台のみで生計を立てる」

という体験、またその世界を見たことがない人は
もしかしたらこの記事は多少胡散臭く聞こえるかもしれません。

 

 

だとしても最初に伝えたいことを伝えておきます。

 

僕自身、今この記事を開いてくれた
あなたと同じように

ネット上にポツンっと置かれていたブログを
見たのがきっかけで、

当時中卒サラリーマンだった僕でも今では
自分の人生、自分で舵を切れる生活を手に入れることができました。

 

 

中卒でどうしようもないくらい
落ちこぼれだった凡人以下のサラリーマンでも
なぜ周りの会社員の4倍ほどの月収を
パソコン1台で稼ぎ出し、

誰よりも自由度の高い生活を送ることが
できるようになったのか?

 

その秘密をストーリー形式でお話ししていきます。

 

 

 

まずは、はじめましての方が
ほとんどだと思うので

僕がどういった人間なのか?
を軽くお話ししておきますね。

 

↓↓↓

 

僕は知識ゼロから本格的にビジネス開始して

 

・2週間以内で初収益達成
・3ヶ月で収益6桁達成
・5ヶ月目で月収38万円達成
・7ヶ月目で月収93万円達成
8ヶ月目で月収120万達成

(100万超えたときはTwitter本格的に運用し始めて3ヶ月後でした、ツイッターすごい)

 

さらには、

ビジネス初心者さんから
もうすでに月収50万以上を達成されてる
フリーランスの方へもアドバイスさせていただき、

今では毎日のようにメルマガ読者さんから
感謝のメールをいただいております。

↓↓↓

 

ほんの一部ですが、

こんな感じでメルマガ読者さんとは
他では見ないくらい近い距離感で
関わらせていただいてます。

 

ちなみにメルマガ限定プレゼントで
ビジネス初心者でも「安定収益」が作れるようになる
”極秘コンテンツサイト”を無料で配布してます。

 

画像をクリックしてプレゼントを受け取る↓

 

期間限定ですのでお早めに。

 

 

 

普段はブログ、YouTube、Twitter、メルマガ
を使って情報発信していますが、

これも毎日触ってるわけではなくて
集客から収益が上がる仕組みを作ってしまっているので
半自動化で収入が入ってくる状態になっています。

 

 

人を雇っているわけでもなく
たったひとりでネットの仕組みを構築し

毎日時間や場所に縛られる事もなく
のんびりマイペースに生活しています。

 

 

元々アニメとか映画が好きすぎるので
仕事している時間以外はほとんど家でNetflix見てたり。

 

出勤といっても起きてすぐ真横にあるパソコンを
ひらけば仕事ができてしまいます。

 

毎日のスケジュールは自分で決められるので
平日に1人で軽井沢に買い物行ったり、

 

気分転換にカフェで作業したり
たまに友達とホテルとって作業会したり、

 

平日の夜に友達と集まって
朝方までバーベキューしてたり

 

 

フリーランスになってからは
完全に昼夜逆転になってしまったので
仕事は夜の0:00スタートの日が多いです。

 

朝までメルマガ書いたり、
たまにYouTube撮ったり、ブログ書いたり

 

で、その日のタスクが終わったら
いつも朝方になってるので

眠くなるまで映画見ながら就寝。

 

昼間仕事をするときは
大体クライアントさんとの打ち合わせが
あるときくらいですね。

 

 

と、まぁこんな感じで毎日
自分的にはかなり自由度の高い生活なんじゃないかな、

と思うんですが、

 

 

つい数年前の自分が今の僕を見たら

「えっ、こんな働き方あるんだ…」

ってびっくりすると思う。

 

なぜかって、僕はずっと
このくらい自由な生活をしたいと思っていたからです。

 

 

まさに今、過去の僕と同じように

・今の退屈な生活から抜け出したい
・毎朝目覚ましに起こされる生活は散々だ
・平日の真昼間に好きなところに出かけたい
・お金がないのが原因で諦めたくないことを諦めたくない
・毎日時間をかけて出退勤せず、家で仕事をしたい

と思ってる人が多い時代だと思います。

 

 

そんな人はぜひこの続きを読んでみてください。
数年前の僕と同じように人生の方向をガラッと変える
大きなきっかけになると思います。

 

ここからは、

落ちこぼれ中卒サラリーマンだった僕
知識ゼロ、スキルゼロの状態から起業し、
月収30万→90万→120万と資産を構築し
人生逆転した実体験エピソードを

ストーリー形式で話していきます。

 

 

ちなみにこれから話すことは
多くの読者さんから反響がありました。

「めちゃくちゃワクワクしてきました!」
「これからも愛読させていただきます」
「読みやすかったし、面白かったです」
「勇気がでました!」

などの返信をたくさんいただいてます。

 

5分で読めますのでサクッと読んでみてくださいね。

 

学年ビリ。中卒。落ちこぼれサラリーマン

 

「毎朝6時半に目覚ましの音で起きる」

「死んだような表情で出勤する」

「帰りはコンビニで飯買って食って寝るだけ」

 

そんな生活から抜け出そうと思ったのは

僕が23歳の冬頃。

 

派遣として工場で働いている時だった。

 

 

「はぁ…。人生退屈というか、なんというか
 この先ずっと工場勤務なのかな、俺。」

 

つい数年前までは
毎日そんなことを思いながら過ごしていたのに
今となってはMacBook1台で生計を立ててるわけだから
人生なにがあるかわからないものだ。

 

今の僕を見た親や友達からは

「ちゅーやはやり手だったんだなぁ」
「才能があって羨ましい」
「行動力すごいな」

なんて言われることが増えたが…

 

実際は全くそんなことない。

 

僕には才能がないしセンスもない。

 

元々、スパッと行動できるほどの
自信なんてなかったような人間だった。

 

小学校の頃から大人になるまでずっと
皆んなが当たり前のようにできることが
なぜか僕だけできないことがよくあった。

 

 

授業中、開いてるページが一人だけ違くて
それで恥ずかしい思いをしたことは何度もあったし

掛け算の九九を覚えるのは
クラスで一番遅かったし

理科の実験では
僕だけやり方がわからなくて
みんなの前で先生に怒られたことなど

 

落ちこぼれエピソードなら
数えきれないくらいある。

 

 

あまりの出来なさが目立ったのか、

特別講師みたいな先生が来て
なぜか僕だけ呼び出されて

「同じように丸書いてごらん?」

とか、紙に○を書かされたこともある。

 

……これはさすがに舐めてんじゃねぇよ

って思ったが、そう見られるほど
出来損ないに見えてたのだと思う。

 

 

「ああ、丸は書けるのね…」

と、馬鹿にしたような言い方をした先生は
大人になった今でも覚えてる。

 

 

「俺、なんか皆んなと違うのかな」

と、若干の違和感を感じながら
小学校時代は過ごしてた。

 

 

案の定といったところか、

中学の三年間では
テストの成績が学年ビリだった。

 

 

ここでもあまりの出来なさに
僕だけ放送室に呼び出されて

「お前、家でいつも何してんだ?」
「親と話はするのか?」

とか、なぜか家庭環境について質問されまくった。

 

僕は死ぬほど勉強嫌いだったし
「成績ビリ」については
そこまで気にしてなかった。

 

 

ただ…

 

親のことや、家庭環境のことなど
そういう質問されると

 

「かわいそうな子」

 

みたいな目で見られてる気がして
それが悔しくて、とにかく大人が嫌いだった。

 

心の奥底の部分を覗こうとしてくる
大人がいる環境に居心地の悪さを感じていた。

 

僕の家庭環境も普通じゃなかったし
それを先生たちはなんとなくわかっていたのだと思う。


僕の家庭環境の話は
無料メルマガで話してます。

 

 

 

高校は夜間の定時制に入学したが
1年経たずして、中退して
17歳〜21歳くらいまでは現場仕事をしていた。

 

同い年のヤンキーが
みるみる仕事を覚えていく中、

僕は理解力が皆無で
何度も何度も同じことで怒られ続けた。

 

「使えねぇな、帰れよ」
「どけよ、俺がやるから貸せ」
「何回も同じこと言わせんな!!」

 

ぶっちゃけ、マジで頑張ってるつもりだった。

仕事に関してはやる気がないわけじゃないし
頑張って覚えようともしてたけど

 

僕はあきらかに能力が低かった。

 

 

病むとかそんなんじゃないけど
「逆に俺はなにができんのかな」
という気持ちはずっとあった。

 

 

21歳からは派遣で工場に勤めていたが
工場では常にどんよりした空気が漂っていた。

 

こんなこといったらアレだけど、

何が楽しみで生きてるのかわからないような
表情で作業してる人たちばかりで

この環境と空気に釣られて
「はぁ…俺の人生ずっとこんな感じなのかな」
という気持ちで過ごしていた。

 

会社なんで嫌だ。逃げたい。

 

「とにかく会社に行きたくない」
「この環境から抜け出したい」
「毎日家にいながら稼ぎたい」
「嫌な人間関係から解放されたい」
「目覚ましに起こされたくない」

 

この辺の感情はずっとあった。

 

 

でも実際にそんな自由な人間を見たことがない
という気持ちの方が大きかったし、

そもそも何の能力もない自分が
そんな特別な生活を手に入れられるわけがない。

 

そんなふうに思いつつも

「調べてみるのはタダだ」と思い、

 

ある日夜中に

「仕事 やめる 方法」
「完全在宅 稼ぐ 方法」

とか、検索してみた。

 

 

すると…

いきなり目に飛び込んできたブログは
当時の僕にとっては衝撃的すぎる内容だった。

 

パソコン1台で月300万稼ぐ20代

 

僕の目に飛び込んできたキーワードは・・・

 

パソコン1台で月300万稼ぐ20代

 

的な内容のものだった。

 

……

 

「パソコン1台で月300万!?!?」

「しかも俺と歳変わんねぇじゃん」

 

意味がわからなすぎて
怪しいとすら思わなかった…。

 

 

それもそのはず、
今まで見たことも聞いたこともない
ワードだったから当然のことだ。

 

 

そのブログの中身を見てみると…

・月収100万突破したコンサル生と対談してみた
・海外旅行中に自動で30万稼げてた
・1ヶ月にほとんど仕事しなくても200万きらない

という意味不明なコンテンツばかりだった。

 

 

こういう単語を目の当たりにした時
ほとんどの人は「怪しい…」「嘘くさい」と思うようだが、

 

僕は正直、

「待って待って待って」
「めちゃくちゃワクワクする!!!!」

というテンションだった。

アホだから。

希望でしかなかった。

 

 

だって、調べていくうちに
ネットビジネス1本で生計を立ててる人が
思ってたよりたくさんいることがわかったし

その後、YouTubeを覗いてみると
「怪しい」の一言で片付けられるほど
デタラメな説明はしていなかった。

 

 

まとめると、

「要は人を集めて、売ればいい」

 

バカな僕にとっては、
このくらい要約してくれた説明は
「そういうことね」と納得しやすかった。

 

 

スクリーンの向こう側に広がる
自由な世界を覗けば覗くほど
僕はいてもたってもいられなくなった。

 

まるでネバーランドだった。
羨ましすぎた。
ニヤニヤが止まらなかったし
ワクワクした。

まだ何もしてないくせに
人生が楽しくなってきた。

アホだから。

 

 

何にワクワクしたって、
もちろん月200〜300万とかも
素敵だと思ったけど

一番魅力を感じたのは

自分の人生を全て自分で
コントロールしてるように見えた。

 

 

僕は今まで

必ず毎朝目覚ましに起こされて
1日12時間、1週間のうち5日は会社にいる生活。

毎週日曜日の夜は憂鬱になって
月曜日は朝から絶望した気分でスタート。

 

まさに自分と真逆の生活を
してる人がいることを知って、
ワクワクが止まらなかったし
早くそっちの世界に行きたいと思った。

…。

 

 

で、僕はそのまま勢いで会社の上司に

「今月でやめていいですか?」と告げた。

これはリアルガチ話。

 

 

まだ何の当てもないのに
ワクワクして、なんかいける気がして
気づいたら「やめます」と言っていた。

 

 

そこから無事、

会社をやめて自由な生活になる……

 

 

はずだった…。

 

あれ、仕組み化したら自動で19万稼げた

 

会社をやめてビジネス開始1年目は
好きだった洋服で仕事したいと思い、
アパレルのネットショップを開業した。

↑当時は韓国系のショップだった

 

 

「ネットショップは育てるものだから時間がかかる」

とのことだったから
同時にメルカリで有在庫で物販も始めてみた。

 

ビジネスを本格的に学ぼうと
貯金を叩いて30万円のコミュニティにも入塾した。

 

 

結果的にいうと
物販は大失敗に終わった。

 

 

誰でも稼ぎやすいのが物販だから
もちろんポツポツは稼げていたけど

 

検品→梱包→発送、リサーチ
お客様対応などなど、

”地獄の労働”だった。

 

「え、まって、これがネットビジネス…?」
「想像と違う、これなら会社員のほうがマシだ」

 

僕が憧れてたライフスタイルは
あのとき見たネバーランドだったはず…。

でもこれはなにか違う。

そもそもネットビジネスって
もっとスタイリッシュに仕事して
カフェとかで作業するもんかと思ってた。

 

カフェで仕事なんかしたことない…。w

 

 

日に日に家に溜まっていく
在庫を見ては絶望する日々。

 

しかも、

物販で月100万とか稼ごうと思ったら
当たり前だがそれ以上の膨大な軍資金が必要になる。

利益が出ても出ても
ほとんどが次の仕入れに回さなきゃいけない。

 

…手元にお金が残ってる実感がなかった。

 

 

結局、物販に使って帰ってこなかった金額は
150万円を軽く超えた。

 

 

知識がなかった為、
無駄に業者と提携して集客したり
闇雲に広告打ってしまったりして

この時の口座のお金は
10万円以下になった。

 

 

絶望だ。詰んだ。

なにやってんだ俺

こんなはずじゃなかった…。

 

 

さすがに精神的にキツかったが
とはいえ、止まってる場合じゃなかった。

 

ふと、YouTubeを開いて
「リスク0で稼げるビジネス」
的なワードで検索をかけた。

 

 

色んな動画を見てみたが
パッとした内容のものがない、

と思っていた時、
ある”キーワード”が目に入った。

 

「コンテンツビジネス×仕組み化」

 

 

あれ、なんか見たことある…。

…そうだ、あの時見たやつだ!!

 

 

 

そう、僕が初めて見た起業の世界。

パソコン1台で月300万稼ぐ20代の
”自分が動かなくても収入が入ってくる”

 

というブログで書いてあった内容と
全く同じことを言っていた。

 

 

この瞬間から僕は
コンテンツビジネスを
やることになったのだが

その決め手の1つになったことがある。

 

それは、

「コンテンツビジネスは稼げない」

と言ってる人は一人もいなかったことだ。

 

 

もちろん再度0からのスタートだったが
とにかくさっさと稼がないとやばかったから
借金して30万のコンサルを受けたり
5万の教材をいくつも買ったりして

とにかくビジネスの基礎から原理原則
成功者のマインドまで徹底的に学んだ。

 

 

そして知識0スタートから1年以内に
5万→30万→90万→120万と収入を伸ばして、

たった1日で5万〜10万稼ぐ日は珍しくなくなった。

 

 

 

そしてある日の夜
友達とバーベキューしてるときに
携帯にピコンッと通知がきて

 

「商品が購入されました」

 

と、189000円の高単価商品が売れた時は
飛び上がるほど嬉しかったとともに

 

「この数字はお客様の覚悟の量だ」

と、さらに気を引き締めたことも覚えている。

 

 

ビジネスに頭の良さは関係なかった

 

生まれた場所、年齢、性別は関係ない。

 

ましてや過去の経歴
頭の良さなんてものも関係なかった。

 

 

小学校から落ちこぼれで
中学では学年ビリで
社会にでても凡人以下で何の能力もない

そんな僕でも確実に人生を逆転した。

 

 

現在の僕の生活スタイルは

昼くらいに適当に起きて
お客さんからのメール確認して

基本家だが、たまに気分転換にスタバ行ったり
平日に美容室行ったり買い物したり

夜は2〜3時間MacBookいじって
Netflixで好きな映画見ながら寝る。

 

みたいな感じで
のんびりマイペースに生活している。

 

正直、高級レストランとか
大人数のパーティで騒ぎまくるとか
キャバクラで高級シャンパンあけて豪遊とか

そういうのは苦手だ。
(偏見はない、それはそれでいいと思う)

もともと自分の時間を
わがままに自分に使っていたいタイプだから
僕は比較的、内向型ってだけだと思う。

 

 

地元の友達が大好きだから
そいつらとずっと遊んでいたいし
困ったことがあったらすぐに助けたいし

今、僕の周りにいる大切な人たちを
守れるくらいの強さがあれば
それで割と満足はしてる。

 

 

とはいえ、

自分でお金を稼げるようになれば
間違いなく選択肢と視野が広がる。

 

・ファーストクラスに乗って
1週間ふらっと海外旅行も行けるし

・時間があってお金もあるから
存分に趣味を楽しむこともできるし

・レストランや普段の買い物で
値段を見ずに好きなものを注文することもできる

・昔欲しかったけど、諦めた車も
お金稼げれば買うこともできる

・家族、子供がいるなら
毎日「おかえり」といってあげられる

・大切な人を助けることができる

お金と時間の自由があれば
人生の自由度がグンっと上がる。

会社で労働しまくって月30万ではなく
働かなくても自動で月30万、という状態になれる。

↑これは超現実的に到達できる

 

 

 

僕自身、あの日キラキラして見ていた世界に
今自分がいると思うと、正直いい意味で慣れない。

 

朝、目覚まし時計に起こされないってだけで
さすがに幸せすぎると毎日実感する。

僕のサラリーマン時代からしたら
だいぶ非日常だが、今はこれが日常になっている。

 

「ネットビジネスなんて
 今さら始めても遅いんじゃない?」

という心配もしている人も多いようだが
それは完全に間違いだ。

 

そんなこと、もう10年前から
ずっと言われてる。

 

でもつい半年前にビジネス始めた主婦の女性が
今は毎月自動で月30〜50万を稼いでいる、

なんてことザラにある。

 

 

彼女だけではなく、

・大学に通いながら月100万稼ぐ21歳
・うつ病の状態からビジネス開始8ヶ月で月150万
・工場勤務で副業から初めて4ヶ月目で月28万
・手取り25万から副業開始1年で200万自動化

などなど、ごく普通の人でも
チャンスがあるのがネットビジネス。

 

 

伝えたいメッセージは

ビジネスは知識さえ手に入れれば
収入を作ることができるし、時間の自由も作れる。

ということ。

 

 

過去の僕と似た境遇、同じような悩みを持ってる人に
”経済的に自立する強い個人”になる方法を伝えていきたい。

 

 

〜〜〜〜〜〜

 

 

・・・とこんな感じで
ストーリーは以上になります。

 

ここまで読んでみてどうでしたか?

 

簡単ではありましたが
もともと僕がどんな人間で、何者なのか?
がなんとなくわかっていただけたかなと思います。

とはいえ、これ以上長くなりすぎたら
読みづらいと思ったので
かなり端折ってはいます。

 

他の記事でも、僕のエピソードを
赤裸々に暴露してるので貼っておきますね。

↓↓↓

・そりゃ中卒になるわ。学歴以外にも恥ずかしいくらい多くのコンプレックスがあった僕が気づいた、弱みが武器になる瞬間

・財布の中に400円しか入ってなかった僕が、借金して自己投資したら30万稼げた話。

ここまで読んでいただけたら分かる通り
僕は才能もセンスもありません。

 

むしろ普通の人が羨ましかったくらいです。

 

なので全体のビジネス人生でいえば
僕は結果が出たのも遅咲きのほうです。

 

もちろん、ビジネスは甘くないです。
ちゃんと努力する必要があります。

だから僕もかなり頑張って行動してきたし
今まで苦手だった勉強もしてきました。

 

だからこそ、これから始める人に向けて
このブログや、メルマガでも

過去の僕の失敗談やビジネスする上で
重要なことを全て大暴露してます。

僕が経験した失敗やムダなことは
できるだけ避けていっていただきたいからですね。

 

 

で、これを読んでも今はまだ
「怪しい」と思ってる人もいるかもしれません。

 

でもそれが普通の捉え方だと思っていて
とりあえず「怪しい」と思っててもOKです。

信じなくてもいいと思う。

でも、自分で確かめるべきです。

 

 

「怪しい、信じられない」
で何も行動しないのは
さすがに機会損失がデカすぎるので。

 

 

あと、これは断言できますが

ビジネスの正しい知識を学んでいけば
怪しさとかは余裕で消えるはずです。

ビジネスは全て数字で証明できますし
全てに理屈がありますからね。

それを知っていただければ
確信に変わるかなと思います。

 

そういう具体的な話は
他の記事や、僕のYouTubeでも
お話ししているので

ぜひ気になる人は覗いてみてくださいね。

 

 

追伸

ブログの他にも
下記のメディア運営中ですので、
ぜひフォローお願いします^ ^

 

→ちゅーや公式メルマガ

→YouTubeチャンネル

→Twitter

 

普段の音声学習として、YouTubeがかなりおすすめです。
「有料級」のコンテンツが盛りだくさんで、
メルマガ読者さんからもかなり好評をいただいてます。

 

そしてブログでは話せない内容を知りたい方は
ぜひメルマガにも登録してみてくださいね(無料)

 

 

それでは、引き続き
為に発信を心がけていきますので
今後ともよろしくお願いします。

 

 

ちゅーや

—————

下記画像をクリックして
”極秘コンテンツサイト”を
無料で受け取る

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧