【マーケティングとは?】初心者でも挫けずに理解できる「マーケティング基礎講座」をわかりやすく説明してみた。

 

どうも、ちゅーやです。

 

 

今回は、

「マーケティングとはなんなのか?」

についてお話していきます。

 

 

動画で学びたい人はこちら↓

 

 

先ほどメルマガ読者さんから
このようなお悩みメールが届きました↓

色々なビジネス発信者さんを深掘って見てみると
どの方も必ずしも「マーケティング」という言葉を出しています。

マーケティングが重要なのはわかったのですが
マーケティングについて色々調べてみても
どれも違うことを言っていて、フワッとしていて
なかなか自分に落とし込むことができません。

ビジネス初心者の場合、
マーケティングをどのように学んでいけば
落とし込むことができますでしょうか?

 

いや〜、めちゃくちゃわかる。

 

僕もつい1年半前とかまでは
「マーケティング」と聞いても

 

まーけてぃんぐ??
犬がおしっこするやつ???

あぁ…、それマーキングか。

 

みたいな感じでした。笑
(ドアホやん)

 

 

確かにマーケティングって調べても調べても
定義も意味も使い方も、よくわからんものです。

 

ただ、マーケティングスキルは
ビジネスで売上を叩き出すのには
必須のスキルでして、

逆にマーケティングの概念を持っていないと
狙ってビジネスを軌道にのせることが困難ですので

ここで一発、初心者さんのために
徹底解説していきます。

 

最後まで読めば

・マーケティングとはなんなのか?
・マーケティング力をつける方法

この辺は絶対に理解させますので
ぜひ読んでいってくださいね。

 

 

では、さっそく本題入ります。

 

マーケティングってなに?

 

結論から言いますと、

ずばり、マーケティングとは・・・・

 

その商品を求めてるお客様に
適切に商品を届ける技術・手法

 

ということになります。

 

 

「その商品を求めてるお客様」というのは、
その商品を受け取ったら幸せになる。

という認識でOKです。

 

つまり、その商品を受け取って
幸せになってもらわないと意味がないので

「求められない商品を押し売りする」みたいなことは

そもそもマーケティングの本質とは逸れていることになります。

 

例えばTwitterのDMでいきなり
「私がせどりで〇〇円稼いだマニュアルあげます!」
と、求めてないのにプレゼントしてくる人もいますが

 

もはやそれって、

 

俺は寿司食べたいのに
「ラーメン食え!!」って
押し付けられてる気分になります。

 

無料だとしても迷惑行為になってしまう。

 

そもそもビジネスはギャンブルではないので
あくまで狙って施策を打つ必要があります。

 

だからこそ、

自分の商品、サービスを求めてないお客さんに対して
「数打ちゃ当たる」的な考えではうまくいきません。

 

なので僕の見解だと、

売る側も買う側も幸せになるのが
マーケティングが上手な人。

という定義づけをしています。

 

 

冒頭で紹介した読者さんからの質問でも
「どれもこれも違うことを言っていて……」
とありましたが、

それでいうと、これはあくまで
僕の見解での定義づけになります。

 

業種によってマーケの手法が変わってきますし
それによって定義つける言葉も変わってきますが

マーケの本質は上記に出した定義で
認識してもらってOKです。

 

「マーケティング」をさらに深掘ります

 

では、マーケティングの技術的なお話を
簡単に解説しますね。

 

マーケティングとはどういう技術?
なのかというと…

 

「売上を上げるための流れづくり」

 

ですね。

 

マーケティングというと
「販売導線」「集客」など
色んな認識を持ってる人もいますが

 

それも要するに
「売上を上げるための流れ」
という文脈のほうが理解しやすいと思います。

 

マーケッターになるための勉強方法

 

マーケティングする人のことを
いわゆる「マーケッター」といいますが、

じゃあそのマーケッターになるためには
何から勉強すればいいのか?

 

 

結論、

勉強しても無駄です。

 

……

……………

 

って、これ言っちゃうと
元も子もないやん、って感じだと思いますが

正直、マーケティングをいくら勉強しても無駄です。

 

つまり、マーケティング力に関しては
実践でしか身につきません。

 

 

例えば、大学の経済学部で
マーケティングを教えてる先生もいますが

正直、現場で実践していないのであれば
いくら知識だけ蓄えても意味がないということですね。

(大学教授を否定ではなく、事実的な話です)

 

 

で、一番伝えたいのは、

 

知識と知恵は別物。

 

ということ。

 

マーケティングに関しては
知識だけ身につけても使えなかったら意味がありません。

使えるようになるには、実践するしかないのです。

 

「知識」というのは
単なるノウハウや情報にすぎません。

ですが、「知恵」というのは
「実際に自分で体験したもの」

これが自分の知恵となります。

 

 

つまり、どこを見てマーケティングを学ぶべきか?
という視点でお話すると、

 

現場を見ること

 

これが最も有効な勉強方法です。

 

もっというと

「現在進行形で結果を出してる人」

を見るのが圧倒的に効果的です。

 

 

では具体的にどのように学び、
マーケティング力を上げることができるのか?

↓↓↓

マーケティング力を爆速で上げる唯一の方法

 

マーケティング力をあげる唯一の方法・・・

 

それは、

仮説検証を繰り返す

 

これに尽きます。
てかこれでしかないです。

 

まず、先ほど話したように
現在進行形でうまくいってる人を見つけます。

もちろん対象は人によって変わりますよね。

 

あなたが現在やっているビジネスで
同じ市場の同業者をリサーチしてください。

あなたと同じ業種で
売上が立ってるであろう人を
SNSやGoogle検索で見つけましょう。

 

Twitter見ればすぐ見つかりますし
現代は、YouTube検索でも一瞬で見つかります。

 

 

で、次にお手本を見つけたら「仮説」を立てます。

 

仮説とは何か?というと

 

「なぜ?」をたくさん見つけること。

 

例えば、Twitterであれば

・なぜ…このプロフィールの作りなのか?
・なぜ…このツイートをしているのか?
・なぜ…この固定ツイートでこの企画をしているのか?

 

ブログの場合、

・なぜ…このサイトタイトルなのか?
・なぜ…このサイトの構成なのか?
・なぜ…この記事を書いているのか?

…etc.

 

この「なぜ?」に対して
どれだけ仮説を立てることができるか。

 

これがマーケティング力をあげる唯一の方法です。

 

マーケティングに向いてる人、向いてない人

 

まずは仮説を立てる必要があります。

 

そしたら、立てた仮説を
ガンガン検証していきましょう。

 

まず大前提として
先ほどの「なぜ?」という疑問に対して
仮説が立てまくれる人はマーケッターに向いてる傾向があります。

とはいえ、最初はほとんどの人が
仮説すら立てることができないと思います。

 

だからこそ、「なぜ?」という視点で
事例を見る癖をつけることが大事になってきます。

 

なぜ?という疑問が生まれれば自然と
「こうだからじゃないか…」という視点で
考えられるようになります。(←これはやればやるほどマジでこうなります)

 

そしたらいかに
その立てた仮説を検証するかです。

 

ここでマーケティングがうまくいかない人、
すなわちビジネスが上手くいかない人は

立てた仮説に対して1つ検証しておわり…

となってしまいます。

 

 

1つ試しても変化がない。

 

これは当然のことです。

1つ試して変化なし、
じゃあそこでまた「なぜ?」を考えるのです。

 

「なぜこの仮説でうまくいかなかったのか」

「じゃあ次はこうしたら反応があるのではないか」

 

これをひたすら繰り返せる人が
マーケッターとしてビジネスを爆速で成長させる人になります。

 

 

で、ここまで聞くと、

 

「なにやってもうまくいく人もいるじゃん
 あれはどうやって説明すんねん」

 

という疑問もあると思いますが、

ぶっちゃけ場数です。

 

ですが、凄腕マーケッターも
当然ながら「マーケティング初心者時代」があって
その人たちもひたすら仮説検証を繰り返してきたから
今じゃ、何をすればうまくいくのかを手に取るようにわかります。

 

「PDCAを回せ」

と聞いたがある人が多いと思いますが
まさにこれなのです。

PDCAとは
  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

     

    要はこれも仮説検証です。

     

     

    実はマーケティングは日常生活の中の
    あらゆる場面でも試されています。

     

    例えば、ナンパするとき、
    (日常じゃないけど)

    「一言目になんて声かけたら足を止めてくれるだろう?」

    これがマーケッター思考です。

     

    で、1人をナンパしてダメだったら
    「自分にはナンパの才能がない」
    となるのではなくて、

    「なぜダメだったのか」を考え、
    「どうしたら話を聞いてくれるか」

    という仮説を立てて、すぐさま実行する。

     

    これを高速で回していく。

     

    これがマーケティング力を爆上げする考え方です。

     

    どうすればマーケティングがうまくいくのか?

     

    結論、うまい人を見つけて徹底的にパクる。です。

    TTP(徹底的にパクる)ですね。

     

     

    これはずっと言ってる通り、
    まずは成功例を見ることが必須です。

     

    成功例を見つけたら
    それがなぜ成功しているのか
    仮説を立てて、検証する。

     

    つまり、成功例を徹底的にパクって
    成功例に沿った型で仮説検証をするということです。

     

    はい、要はパクっちゃえばOKってことです。

     

     

    ただここで注意点があって
    ネットビジネスの場合だと、

    「ブログもLPもメルマガも全部真似してるのに上手くいかねーーーー」

    と嘆いてる人がかなり多いですが、

     

    コピペ的なことは完全にNGです。

     

     

    は?徹底的にパクれっつったじゃん

    と思ったかもですが、
    そうそう、僕もこれ過去に失敗してます…。笑

     

     

    そもそも他人のコンテンツを
    徹底的にパクるのは不可能なんですよ。

     

    だって同じエピソードを体験したわけでもないから
    ブログやメルマガでかけるエピソードは変わるし
    ターゲットによって使う文言も変わるわけですね。

     

    なので、

    「要はこれをしてるわけね」

    という最終的な部分と外枠を徹底的にパクるべき。

    (伝わるかなぁ……)

     

     

    なぜこれをしているのか?
    という仮説を立てることができれば

    要はその目的にたどり着かせることが
    できればいいわけなので

    中身の内容は違えど
    お客さんは同じ捉え方をする。

     

    と考えてもらえればOKでっs
    っていっても抽象的なので具体例出します。笑

     

    以前このようなツイートをしました↓

     

     

    例えばキムタクのドラマがバズってる時代は
    国民の男たちがキムタクの髪型、ファッション諸々
    見た目をそのままパクってたと思います。

     

    でもいくら見た目を真似しても
    キムタクと同じようにはモテないよね、ってこと。

     

     

    テーマがキムタクだと極論すぎて
    アレなんですけど…笑

     

    まぁニュアンスは伝わりますかね。

     

     

    とにかく成功の型を参考にして
    それがなぜ成功しているのか?という仮説を立てて検証する。

     

    これがマーケティングを最速で
    うまく活かせるコツになります。

    まとめ

     

    ということで、マーケティングについて
    解説してみましたが
    いかがでしたでしょうか?

     

    ・・まとめると

    • マーケティングとは、その商品を求めてるお客様に適切に商品を届ける技術・手法のこと
    • マーケティングの役割は「売上を上げるための流れづくり」
    • マーケティングは実践でしか学べない
    • 成功例を見つけて仮説検証繰り返すことが大事

    でした。

     

     

    マーケ力を身につけるにはとにかくリサーチです。

    マーケティングの知識を学ぶのはもちろん大事ですが
    もっと大事なのは実践をすることです。

     

    マーケティングを習得して
    狙って売上が叩き出せるようになると
    ビジネスがめちゃくちゃ面白くなるので

    ぜひ研究しまくって実践してみてくださいね。

     

    それでは^^

    —————

    僕はPC初心者の状態から
    ビジネスを開始して1年以内に
    月収30万→90万→120万と達成しました。

    昔は現場職人や派遣社員として
    中卒サラリーマンとして働いていましたが
    今はたった一人でPC1台で稼いでいて
    仕組み化してるので週休7日の生活も手に入れてます。

    怪しいですよね、わかります。

    お前には才能があったんだろ?
    と言われますが、

    元々中学時代の成績は
    3年間学年ビリだったし
    社会人になっても
    会社を仮病でサボるような人間でした。

    そんな落ちこぼれ中卒サラリーマンでも
    自分で稼いで、起業できてるわけなので
    ビジネスに才能なんぞ不要です。

    どんな人でも学んで行動さえすれば
    稼げるようになります。

    ビジネスと出会い、週休7日の生活を
    手に入れるまでの過程は
    コチラで暴露しています↓

    —————

    下記画像をクリックして
    ”極秘コンテンツサイト”を
    無料で受け取る

     

    関連キーワード

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事一覧