リツイートすれば大金をばら撒くと言われようが俺は断る。自分で稼いで食う飯で満たされていたい

 

どうも、ちゅーやです。

 

「リツイートすれば大金をばら撒く」と言われようが俺は断る。

自分で稼いで食う飯で満たされていたい。

 

これ、僕が一番好きなミュージシャンの歌詞です。

(UVERworldの『EN』って曲です)

 

 

この曲まじで全ての歌詞の一行一行が名言すぎるので
ぜひ聴いてほしい↓(名言なんて言葉で片付けたくないくらい)

 

 

この歌詞が僕の心に突き刺さったのは

 

僕自身、SNSの「リツイートで金ばら撒く」系の
投稿に、いいねもRTもしたことがないからです。

 

なぜしないのか?と言われたら
「自分で稼げばいいから」です。

 

後付けではなく、直感的にそう思っていたからこそ
この歌詞が刺さったんだと思います。

 

 

ちなみに、

金ばら撒く系のツイートをRTしてる人を
全く否定はしていません。

 

ただ僕の価値観で、あくまでも自分はやらない
ってだけです。

 

価値観を押し付ける人間の愚かさを
僕は知っているので否定はしないし
ただの自分自身の生き様の話でございます。

 

 

ただここは、SNS上ではなく
僕のメディアなので
少し自分勝手に書かせてもらいますね。

 

 

これから書くことに共感したら
心の中でいいねと思ってもらえればいいです。

 

 

僕は、自分でハンドルを握れる人生を
作っていきたいと思って3年前に会社を辞めました。

 

 

例えば、

・目覚ましに起こされる朝をなくす
・平日の真昼間に美容室を予約する
・人生の時間は有限だから関わる人間は自分で決めたい
・責任は全て自分でいいから、自分の名前で仕事がしたい
・やりがいも達成感も自分で作ったもので感じていたい

 

具体的なものから抽象的なものまで
こんな感じ。

 

 

今となってはこれら全て叶ってるのですが
正直この幸せには良い意味で慣れていません。

 

 

3年ちょっと前にずっと思い描いてた
ライフスタイルを手にしたのだから
当然だと思います。

 

生活自慢、自由自慢をしたいわけではなくて
ひとまず僕がここまでこれた理由は2つで

 

・欲望をちゃんと受け入れた
・無知無能を平気でシカトして動いた

 

振り返ってもこれでしかない。

 

 

欲望をちゃんと受け入れた、なんて
一歩間違えばわがままな大人として
映ってしまいそうですが

 

そんなことより、ちゃんと冷静に考えると
「あと40年以上も会社に行く生活は地獄」
という判断しかできなかったのです。

 

だから、

「わがままな選択をする代わりに
 全ての責任、リスクは上等だ」

という思いでスパッと会社を辞めたんですね。

 

 

そして無知無能を平気でシカトしたのです。

 

 

僕は元々、中学校時代3年間
テストの成績が学年ビリだった。

 

そのくらい学びの常識も何もかも無知で
きっとビジネス勉強したときなんて
誰よりもマイナスからのスタートだったと思います。

 

それでも、そんな自分を受け入れて
無知無能をシカトして動いた。

 

頭があれば勉強はできるし
手があればPCは打てる
目があれば分析できるし。

 

結局、もともとの能力なんて
どんな人間もさほど変わんねぇだろと。

 

体が不自由なわけでもない自分が
挑戦すらしないのは、あまりにもポンコツだ

 

そう思ってビジネスに挑戦したんです。

 

 

地元の人間は
僕が落ちこぼれだということを
知っています。

 

だからこそ、最も親しい友達に
「え、辞めとけよビジネスなんて」
「つまんねぇ奴になったな」なんて
言われたこともあります。

 

 

ただ、どんなに親しい友達に
そんなことを言われようが
常に一番強い敵は自分自身でした。

 

 

無知で無能で何もできない自分なんてのは
自分が一番理解しているからこそ

 

パソコンをカタカタ打ってる真後ろから
もう一人の自分がこう囁いてきます。

 

「どれだけやってもお前には無理」
「お前の才能はもう既に枯れてるよ」

 

どれだけ意気込んでスタートを切っても
ネガティブな感情は挑戦にはつきものです。

 

 

今これを読んでるあなたも
きっと当時の僕と同じように挑戦していて
まだ芽が出てない人も多いと思う。

 

 

辞めたくなる時もあるだろうし
続けても結局何も変わらないんじゃないか
と思ってしまう時もあると思います。

 

 

世間では「戦略的撤退」という言葉がありますが
僕の頭にはこの言葉は存在しません。

 

使う時がないからです。

(それはそれでビジネスマンとしてどうなのよ)

 

 

やりたいことは絶対にやり切る。

どんな物事でも本気でやれば
1ミリも成果がでないなんてあり得ない。

 

だから決めて始めたことを
戦略的なんて言い訳で撤退したことはありません。

 

撤退しないとリスクが乗っかる、
ってのもわかるけど

撤退癖がついてしまうことのほうが
よっぽど人生レベルでリスクだと思っています。

 

 

本当にやりたくて始めたなら
全てを撤退するのではなく
やり方を変えればいい。

 

最初からドカーンと上手く行くなんて
そもそも一部よりも一部の人間だけです。

 

その一部に賭ける必要はなくて
特にビジネスなんて仮説検証の繰り返しです。

 

これやってもダメだった〜 ←あたりまえ
じゃあ次こうしてみるか  ←これを繰り返す

 

 

伝えたいメッセージは

「続けろ」じゃなく「やめるな」です。

 

 

僕自身、『続けること』よりも
『絶対に辞めないこと』を意識してきました。

 

 

継続というと「やらなきゃ」になるけど
やめない意識であればもっと気楽にできるはず。

 

 

やらなきゃやらなきゃと思うと
いちいちうまくいかない現状に
ネガティブな感情が湧いてきてしまいます。

 

「やめなきゃいいや」くらい気楽であれば
常に冷静な判断ができるはずです。

 

会社にも夫にも頼らず
自分で稼いで満たされたいという思いで
ビジネスを始めたのだったら

その生き様と信念を大切に。

 

 

 

 

 

やべ、タイトルと全然話変わってた

 

 

 

—————

僕はPC初心者の状態から
ビジネスを開始して1年以内に
月収30万→90万→120万と達成しました。

昔は現場職人や派遣社員として
中卒サラリーマンとして働いていましたが
今はたった一人でPC1台で稼いでいて
仕組み化してるので週休7日の生活も手に入れてます。

怪しいですよね、わかります。

お前には才能があったんだろ?
と言われますが、

元々中学時代の成績は
3年間学年ビリだったし
社会人になっても
会社を仮病でサボるような人間でした。

そんな落ちこぼれ中卒サラリーマンでも
自分で稼いで、起業できてるわけなので
ビジネスに才能なんぞ不要です。

どんな人でも学んで行動さえすれば
稼げるようになります。

ビジネスと出会い、週休7日の生活を
手に入れるまでの過程は
コチラで暴露しています↓

—————

下記画像をクリックして
”極秘コンテンツサイト”を
無料で受け取る

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧