どーも、ちゅーやです!

 

今回は、
安定収入を作るならリストマーケティング

というテーマでお話ししていきたいと思います。

 

今回僕がお伝えしたい内容の結論を先に言うと、

今回お伝えしたいこと!
  • リストマーケティングを学ぶことで、安定して稼ぎ続けられる
  • リストマーケティングは個人で月収100万円、1000万円以上を叶えられるビジネスモデル

この2点です!

 

なので今回お話する内容は、

・なぜリストマーケティングは安定収入が作れるのか?

・なぜ個人で大きな収益を生むことができるのか?

と言う内容のお話を紐解いて解説していきたいと思います。

リストマーケティングとは?

まず、リストというのは、

お客様の個人情報のことです。

つまり、メールアドレスやLINEなどです。

 

 

そのお客様のアドレスやLINEを、
あなたのメルマガや公式ラインに集客をかけて
顧客リストとして管理します。

 

つまり、あなたの顧客名簿を持つ
ということです。

なぜ安定収入を生むことができるのか?

まず、リストを取るマーケティング手法は
実は江戸時代から行われていたことです。

 

江戸時代の商人は、家が火事になった時に
どんな行動を取ったかというと、

顧客名簿を井戸に投げ入れました。

 

井戸に投げ入れたって聞くと
水でびちょびちょになっちゃうんじゃないか?
って思いますよね。

 

ですが、江戸の商人は賢かったんです。

 

顧客名簿を、こんにゃくのりという
水で濡れても大丈夫な特殊な紙で
作っていたそうです。

 

なので、井戸に投げ込んでも、
後々持ち出して使えたんですね。

 

 

 

ではなぜ、江戸の商人は家が火事になったときに
お金でもなく、顧客名簿を持ち出したのでしょうか?

 

それは…

 

顧客情報さえあれば、
すぐにビジネスが始められたからです。

 

 

 

逆に顧客情報がなかったら、
また1からになってしまいます。

 

なので、何より顧客名簿を
守ったということなんです。

 

 

つまり、顧客名簿さえあれば
すぐにビジネスが開始できることを
わかっていたんです。

すぐにお金を稼ぐことができる
ということを知っていたからこそ
顧客名簿は大切だったんですね。

 

 

このように江戸時代から
リストマーケティングという手法が
あったように

 

つまりこのビジネスモデルはいつの時代でも
普遍的なノウハウ」ということです。

 

 

なのでリストマーケティングを学んでおけば
時代に左右されない手法なので

「稼げなくなった」ということは
絶対にないです。

 

 

昔と今で変わったことでいえば、

昔は「手紙」という文化でやりとり
されてましたよね。

そしてその次に「郵便」です。

この郵便の場合は、一通何十円というふうに
お金がかかってしまっていたところ、

 

次にインターネットが誕生して
最初に出来たのが「メール」です。

 

ここでコストがなくなりました。

 

 

そして最近では「LINE」ですよね。

 

 

このように、コミュニケーションツールは
時代の変化に沿って変わってきましたが、

結局のところ、リストマーケティングという
考え方はいつの時代も変わらない訳なんです。

 

 

なのでどこの企業でもしっかりリストを
取っています。

そしてメールマガジンで、
新作情報とか流れてきますよね?

 

なので何度も言いますが、
いつの時代もこの概念は変わらないんです。

 

 

 

自分のお客様になった人は資産になっていき、
それを続ければ続けるほど安定収入はもちろん
大きな収益を生んでいけるということです。

 

なので、あなたがビジネスをするのであれば
安定収入で月収100万以上を達成したいと
思っているなら

このリストマーケティングをやらなければ
いけません。

まとめ

今回お伝えしたことをまとめると、

  • 安定収入を作りたいならリストを取るべき
  • リストマーケティングを学べば、個人で大きな収益が望める

ということでした!

 

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

 

次回のブログもお楽しみに(^^)

稼ぐ為のスキルを身につけたいあなたへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧