どーも、ちゅーやです!

 

今回は、

「伸びる人と伸びない人の決定的な違いは〇〇の仕方」

というテーマでお話しさせていただきます。

 

 

 

結論からいうと〇〇は

質問」です。

 

質問の仕方でビジネスの本質をわかってるか
わかってないか、と言うのが完全にバレます。

 

 

どういうことかというと、

では、「ブログの書き方がわからない」
という質問内容を例にしてみますね。

 

伸びない人の質問
ブログの書き方がわかりません!教えてください!
伸びる人の質問
今ブログを書いてる途中なのですが、まず序盤の本文書き終えて目次を作成したくて調べてその通りやってみたんですが、プレビューで見てみると反映されてません。その原因についてまたググってみたんですけど、条件のあった内容のものがありませんでした。何か原因などわかれば教えてください!
まず、「伸びない人の質問」について、
もしあなたがこんな質問されたらどう思いますか?
おそらく、
・ブログのどこの書き方がわかんないの!?
・っていうか挑戦はしてみた?
・何ができてて何ができてないの!!!
ってなりますよね?
そして、「伸びる人の質問」はいかがでしたか?
何ができてて、何につまづいてて、
何を試してみたか、ってところまで
伝えてくれると、
受け取った側も
「じゃあ目次の設定の部分かな?」
というように、何をすればいいかを
思いつけますよね。
というように今、「伸びる人の質問の仕方」
について解説したんですけど、
これを見てあなたはどう思いましたか?
「いや、この質問の仕方は常識でしょ!!
って思えた方は何も問題ありません!
ただ!!
「こんないちいち細かく伝えるのめんどくさい!」
「プロだったらとりあえず全部教えてよ!」
というふうに「めんどくさっ!!」って思ってしまった方は
完全に要注意です!
なぜならこれが、
成功できる人」と「失敗に終わってしまう人
の決定的な違いでもあるからです。
これは成功者誰に聞いても同じことを言います。
なぜかというと、
先ほどの「伸びない人の質問」をしてしまってる人は
そもそもビジネスの本質を理解してないんですよね。
「わかんないからとりあえず教えてー!」って
感じですよね。
つまり自分のことしか考えられてなないので、
全く相手のことを考えられてないんです。
「こんなパス出したら相手戸惑うだろうな〜」とか
全く思わないわけです。
つまり、ビジネスをやっていく上で、
お客様目線に立てない人と
雑な質問をしてしまう人ってのは
全く同じ人なんですよね。
で、ですね、
この雑な質問をしてしまう人って
結構多いんですよね。
この間僕の実体験で
まさにこれだ!って言う場面があって、
ついこの間、ビジネス系の発信者の
ライブ配信見てたんです。
そこで、僕が勝手になんですけど
「読み手に拾われるコメントの共通点」
を見つけたんですね勝手に(笑)
で、これ何かって言うと、
長文+具体的」なんですよ。
まず、具体的に相手に伝えようと思ったら、
まぁそこそこ長文になるじゃないですか?
で、長文って時点で読み手からしたら画面に大きく
表示されるので目立って見えるんです。
ってことは自ずと読みますよね。
でもやっぱり雑な質問がめちゃくちゃ多かったんですね。
まぁライブ配信なのでピックアップするのは読み手なので
全然何も思ってないんですけどね(笑)
でもわかりやすく、そんな質問があって、
例えば
「何のビジネス儲かりますかー?」
「アフィリエイトって稼げますか?」
みたいなことですね。
なんかこれだと別に文章読まなくても
全文の形を見るだけで細っくて一行の
しょうもない質問だなってわかっちゃいますよね。
つまり読む気にもならないってことです。
なので、今回のお話しで
「自分やばいかも…」って思った人は、
早速質問の仕方から意識して変えていきましょう!
てことで今回は以上です。
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!
次回のブログもお楽しみに(^ ^)
稼ぐ為のスキルを身につけたいあなたへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧