どーも、ちゅーやです!

 

今回は「ファン化することの重要性

というテーマでお話ししたいと思います。

 

 

ステップメールとは?目的とは?

こちらの記事でステップメールでファン化する
という内容のお話しをしてますので
まだ読んでない方はぜひこちらもご覧ください!

 

 

そして今回は、ファン化についての
さらに深い内容のお話になります。

ぜひ最後まで読んでください!

生き残る為にはファンが必要

これからの時代、ビジネスをしていく上で
ファンを獲得しておくことこそが

最も重要で最強な生存戦略なんです。

 

ファンというと、
アーティストさんとか、芸人さんとか
っていう職業の方にしか縁がないように
思う人もいるかもしれませんが、

全然そんなことなくて、
今はどんな人でもファンを持てます。

 

例えば、

実店舗の美容室や飲食店など
個人の情報発信者でも必ず濃いファンを
作ることができます。

 

どういうことかというと
そのようなビジネスには必ず
顧客がいますよね?

 

要は、その顧客をファン化する
というのが今回のお話です。

 

 

では、どうやってファン化するのか?

⏬   ⏬   ⏬

顧客とファンの違い

どうやって顧客をファン化するのか?
というお話の前に、

まずは、顧客とファンを整理する必要があります。

顧客とファンの違い
「顧客」→サービスを目的としている人
「ファン」→サービス提供者を目的としている人
つまり顧客の場合だと、
サービスそのものに価値を感じている為、
他のサービスでよりよいものができてしまったら
そっちに流れていってしまいます。
一方でファンの場合は、
サービス提供者にを目的としているので
他のサービスでよりよい質のサービスが
できたとしてもそっちに流れていきません。
つまり、ファンはサービスのクオリティを買っている訳ではなく
サービス提供者とのコミュニケーションを買っているということです。

 

例えば僕のお話になりますが、

昔から通ってる美容室があるんですね。
そこで髪を切ってもらってる人とは
今ではプライベートでも遊ぶ中なんですけど、

でもおそらくその美容室に行くより
家から近い美容室はいくらでもあるし

他にもっと安くて技術が高いところも
あると思うんですね。

 

でも僕は、その美容室に通い続けてるんです。

 

 

つまり、

「品質ではなく、人を買ってる」

ということです。

 

 

要は、僕はその美容室のファンになってる
ということなんです。

なぜファン化することが重要なのか?

なぜファン化することが最も重要かというと、

先ほどの美容室のお話しでもありましたが、

 

価格競争という概念がなくなります

つまり薄利多売をする理由がなくなります。

 

顧客をファン化できれば、
競合とかは関係なくなります。

 

 

例えば、あなたの近所のスナックを
思い浮かべてみてください。

スナックってすごい歴史が長いじゃないですか

なので大体建物も古いですよね、

 

そんなスナックを見て、

「ちゃんと儲かってんの?」
と思ったことはありませんか?

 

僕は昔、近所のスナックに対して

「何でずっと残り続けてんだろう…」
って思っていたんですよね。

 

 

でもやっぱ生き残り続けてるんですよ。

それは常連さん(濃いファン)がいるからなんですね。

 

 

なので例えばそのスナックの真横に

高品質低価格の居酒屋さんができたとしても

そのスナックの常連さんは、見向きもしないで
そのスナックに通い続けるんです。

 

なぜかというと、

サービスを目的としている訳ではなく、
サービス提供者を目的としているからです。

 

このお話しは、リストマーケティングに
繋がってくるんですが、

要は、集まった顧客をファン化していくために
使うのが、メルマガのステップメールということです。

実店舗経営されてる方に聞いて欲しいお話

今回、例として
飲食店や美容室のお話をさせていただきましたが、

リストを取ってファン化していく

という概念はネットビジネスだけでなく、
今実店舗経営されてる方にも重要なお話として
捉えていただきたいです。

 

昨年から、新型コロナウイルスの影響で
損害をダイレクトに受けてしまった店舗は
たくさんありますよね。

 

その中、クラウドファンディングなどで
支援を受けるという手段を考えた方も
たくさんいらっしゃると思います。

 

そしてまさにそこで、
支援をしてくれる人の数と

支援額が必要になった訳ですよね。

 

 

ですが一方で、
オンラインで商品を作って販売して
コロナ期間で売り上げを上げた実店舗も
あります。

 

でもその商品を買ったお客様は
その商品が欲しかった訳ではなく、
支援として購入してくれたんですね。

 

つまり、そのお店のファンだったということです。

 

 

そして新型コロナウイルス関係なしにしても

ビジネスをしていく上で、
いかに顧客をファン化していくか
というのが重要になってくるか。

 

この記事を読んでくださっているあなたは
今ビジネスに取り組んでるか、
もしくは、これからビジネスをやってみたいと
思っている方だと思います。

 

ですので、今回の内容は
現代に取って最も本質的な内容なので
ぜひこの考え方を落とし込んでいただけたらと思います。

 

 

ということで、今回は以上です!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

次回のブログもお楽しみに(^^)

 

稼ぐ為のスキルを身につけたいあなたへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧