どーも、ちゅーやです!

 

今回は、

【100万円稼ぐビジネスモデル】
リストマーケティングの全体像

というテーマでお話していきたいと思います。

 

 

まずあなたが、「個人で月収100万円を稼ぎたい」
と思っているのであれば、

リストマーケティング」を
学んでいく必要があります。

 

ネットビジネス業界を見てみると
わかると思いますが、

月収何百万や年収一億と稼いでいる人は
皆このリストマーケティングという手法を
やっています。

 

情報発信してる人は皆、
自分のメルマガやラインに集客してますよね。

要はリストを集めている訳です。

 

なので今回はあなたが月収100万円達成するための
リストマーケティングの全体像をわかりやすく
まとめたので、しっかり最後まで読んでください!

リストとは?

リストとは、お客様の個人情報(メールアドレス、ライン)のことです。

そしてこのリストマーケティングという手法は
実は江戸時代からあります。

江戸時代の商人は家が火事になった時に
どんな行動を取ったかというと

お金でなく、顧客台帳を持って
井戸に投げ込み、逃げました。

 

そしてその顧客台帳はこんにゃくのりという
水に濡れても大丈夫な特殊な紙で作られていた為、
井戸に投げ込んでも大丈夫だったんです。

 

要は、顧客台帳さえ守っておけば
またビジネスが開始できるから
お金よりもお客様のリストを
大切にしていました。

 

このリストっていうのを現代で言うと
メールアドレス、ラインになる訳です。

なぜリストを取ることが重要なのか?

まず、ブログ、YouTube、SNSなどは
能動的なメディアなんですね。

能動的とは?
お客様から来てもらわないとあなたの発信を見てもらえない

つまり、待つことしかできない
ということです。

 

一方で、メルマガやラインにお客様を
集めておくことで、

自発的にあなたからお客様にアプローチできます。

つまり、「プッシュ型のマーケティング」が
できるということです。

 

そうすることであなたの発信を
見てもらいたいときに見せることができ、
そこから販売までの流れが作れるということです。

 

これがリストマーケティングで、

DRMともいい
ダイレクト・レスポンス・マーケティング

ということになります。

どうやってリストを集めて利益を上げるのか?

ここからは、具体的にどうやって
リストを集めて利益を上げるところまで
持っていくのか

という、ノウハウのお話になります。

 

かなり詳しくノウハウを解説するので、
ぜひしっかり落とし込んでいただければ
と思います。

 

全てのビジネスのノウハウ

 

まずビジネスというのは、

「集客」

「教育」

「販売」

全てのビジネスがこの流れで行われます。

 

例えば、メルカリの場合だと

メルカリのようなプラットフォームだと
既に「集客」されて媒体なので、

そこにアカウントを作りますよね。

 

そして「教育」は
商品の説明欄になります。

 

それをお客様が見て
購入(販売)していくという流れです。

 

このようにプラットフォームの場合は
プラットフォームが集客をしてくれている
ということですね。

 

DRMのノウハウ

 

では、DRMの場合だと、

集客
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • Blog

この5つのメディアを使って情報発信して
集客していきます。

 

その5つのメディアから

LP(ランディングページ)

お客様を誘導します。

LP(ランディングページ)とは?
メルマガ、LINE公式アカウントの登録フォーム(名前やメールアドレスなどの個人情報の入力画面)

そしてLPでお客様がメールアドレスを入力したら
あなたのメルマガに登録されるということです。

つまり、LPでメルマガ登録してくれたお客様が
あなたのリストになっていくということです。

 

ここまでは、ブログやSNSなどの
オープンなメディアで発信していましたが

この先から一気にクローズドなメディアを使っていきます。

 

それは何かというと

ステップメール」です。

 

先ほどのLPからあなたのメルマガに
登録してくれたお客様に自動でメールが送信されます。

そしてステップメールは
あらかじめ設定しておくことができます。

例えば、お客様が登録してくれた
その日にまず1通目としてメールを送信

そして2日目、3日目、4日目と
設定することができるので
自動でメールが送られるということです。

 

 

 

ではなぜ、

ステップメールを使う必要があるのか?

段階を踏んでメールを送る必要があるのか?

ということを解説していきます。

 

 

まずステップメールの役割として

・「お客様との信頼構築

・「お客様との価値観の共有

というのを段階を踏んで
何回も何回も接触頻度を増やしてすることです。

なぜ信頼構築や価値観の共有をする必要があるのか?

例えば、道端で知らないおじさんが「このジュース50円で買って!」と言ってきても絶対買わないですよね。「知らない人だし、なんか怖い…」となってしまいます。それだったらプラス50円出してコンビニで飲み物買いますよね。

では、それをあなたの友達で考えてみてください。

例えば、コンビニであなたの友達が「このジュース美味しいらしいよ!」と勧めてきたら、何の疑いもなく買いますよね。

では、さっきの知らないおじさんと、あなたの友達の違いは何だったのでしょうか?

それは、信頼関係があるか、ないか。という違いです。

よく知ってる友達だから信頼関係があるので、「この人が美味しいって言ってるなら買ってみるか」というふうに、たったそれだけが商品を買う決め手になった訳です。

つまり、何か商品を販売したいとなった時に、今の話でいう「友達」になる必要があります。その役割を果たしてくれるのが「ステップメール」ということです。

そして、何回も何回も段階を踏んで
メールを送る理由は
これは、ザイオンス効果(単純接触頻度)
といって、

会えば会うほど好きになる
という効果があります。

例えば学生時代の入学初日に

初めて会った人に対して
「この人たちどんな人なんだろう…」

というふうに警戒心がありましたよね。

ですがそれから毎日会っていくにつれて
いつの間にか友達になってましたよね。
結構早く親友レベルまで行く人もいましたよね。
それは、毎日会ってたからなんです。
これが「ザイオンス効果」です。
ちなみにこれって対人間だけじゃないんですよね。
僕のお話なんですけど、
僕結構アニメ見るんですね。

で、最初はあんまり興味がない作品を
「まぁ、とりあえず見とくか」くらいの
テンションでいつも見出すんですけど

四話、五話、六話と見続けてるうちに
気づいたらめちゃくちゃそのアニメに
どハマりしてたなんてことしょっちゅうなんですね。

これなにかっていうと、ザイオンス効果なんですよね(笑)
要は心理学なので
あらがいようのない現象ということです!
っていうのを、ステップメールを使って
お客様にやっていくということです。
ここまでが「教育」の解説でした!
そしてその次に、
ここまで教育ができているお客様に対して
販売」をしていきます。
では、「販売」をするときに
何が必要なのか?というと
SL(セールスレター)です
SL(セールスレター)とは?
商品を販売する為のページ。
ここでセールスをしていきます。
つまり、流れでいえば
ステップメールによって既に教育がされてる
お客様に対して、例えば7日間でステップメールを
組むのであれば、
7日目に商品が売れていくという流れです。

そして、もう気づいてる人も多いと思いますが

この一連の仕組みさえ最初に作ってしまえば
自動化できるということです。

つまり最小の労力で大きな収益を生み出せる
めちゃくちゃ強いビジネスモデルということです。
ブログ、YouTubeなどでは
情報発信をしていかなければいけませんが

お客様がメルマガに登録した瞬間からは
自動化です。

なのであなたが後々やっていくことは
ゴールを意識した情報発信をしていくだけです。
これの何がやばいって
これを1人でできちゃうのがすごいです。
なぜなら、本来であれば
集客担当、教育担当、販売担当というふうに
それぞれ担当がいないと一つの事業を
やっていくのは1人じゃ絶対にできないですよね。
できたとてスーパーハードです。
でもこのリストマーケティングをしっかり学んで
ネット上に仕組みを作っていくことで
今回解説したことは
あなたも必ず叶います。

販売した後の流れ

販売までやった後もやるべきことがあります。

その流れと戦略について解説します。

サポート→リピート→ファン化

それはなのかというと

あなたの商品を購入してくれた
お客様に対して「サポート」していく必要があります。

 

 

企業などでいえば、

電話の問い合わせ

メールの問い合わせ

などですね!

 

 

なぜ、サポートまでやる必要が
あるのかというと

 

リピート」に繋がるからです。

 

リピートされるのはとても大事で
要はあなたの「ファン」になってもらう
ことが重要です。

 

 

 

つまり、

顧客」を「ファン化」することが

最もビジネスで生き残る最強の戦略なのです。

 

 

 

どういうことかというと、

 

まずここで、

「顧客」と「ファン」の違いについて

整理する必要があります。

⏬   ⏬   ⏬

顧客とファンの違い

「顧客」=サービスを目的としている人

「ファン」=サービス提供者を目的としている人

つまり、ファンは人を買ってるということです。

つまり、サポートまでしっかりやっていくことで
あなたのファンになってもらうということです。
「この人だから買う」
「この人だからお金を払う」
という状態にできたらめちゃくちゃ強いです。

まとめ

以上がリストマーケティングの全体像です!

かなり詳しいノウハウを公開させていただいたので
ぜひ、何回も何回も読んでいただければと思います。

 

そして、あなたがこれからどんなビジネスを
やっていくにも今回お話しした内容は
必ずどんなビジネスにも根底にある要素です。

そしてあなたが個人で月収100万円を
安定的に稼ぎたいと思うのであれば、

このリストマーケティングという手法を
やらなければいけません。

 

なのでもう一度言いますが、
今回の内容を何回も復習して
今後のあなたのビジネスを成長させていってください!

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

次回のブログもお楽しみに^_^

稼ぐ為のスキルを身につけたいあなたへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧