【初心者必見】覚えておきたい5つのビジネスモデル

 

 

どーも、ちゅーやです!

 

今回は、

初心者が知っておくべき5つのビジネスモデル

について、お話していきたいと思います。

 

 

今回解説する内容を理解しておけば
世の中のビジネスを見たときに

「あっこれあのタイプのビジネスだ!」
といった感じでわかるようになります!

そしてビジネスの全体像を知ることが
できるので、ぜひ最後まで読んでいってください!

 

それでは早速…

 

 

はじめに

まずはじめに、

ビジネスには5つの型があります。

 

 

その5つというのが

⏬  ⏬  ⏬

①コネクター型

②マッチング型

③資源提供型

④コンテンツ型

⑤コミュニティ型

 

というもの。

 

「コネクター…?」「資源提供????」
となっている人もいるかと思いますので
1つ1つ簡単に解説していきますね!

①コネクター型

例を出すと、アフィリエイターなどがこれに当たります。

 

つまり、
「この人が紹介しているものなら買ってみようかな!」
といった信頼を売っていくビジネスです。

 

アフィリエイトとは信用取引なので
まず信用を勝ち取っていないと
このコネクター型のビジネスは
成り立たないものとなっています。

逆にいうと、信頼が高ければ高いほど
このビジネスは簡単になります。

②マッチング型

例としては、
Amazon、Twitter、Facebookなどの
プラットフォームがこれに当たります。

つまり、人が集まっている媒体です。

 

例えば、Amazonの場合、
小売店と購入者をマッチングさせていますよね。

TwitterやFacebookの場合は、
人と人をマッチングさせています。

 

 

他にも、人材派遣会社も同じです。

ランサーズなど、クラウドソーシング会社も
仕事を発注したい人が外注を探したり。

 

いわゆるマッチング型のビジネスとは
広告や手数料で稼いでいるという仕組みに
なっています。

つまり、「場を提供している」ということです。

そして、情報仲介ビジネスなので
コネクター型のビジネスを大規模で行ったもので
仕組みはコネクター型と同じになります。

③資源提供型

例として、サラリーマンがこの型になります。

他にも塾の講師やコーチ、コンサルタント、
スポーツ選手も同様です。

 

つまり、労働力や時間を提供しているということ。

④コンテンツ型

ユーチューバーやブロガーなどがこれに当たります。

このビジネスモデルの特徴は
「形に残るということ」です。

 

 

これが資産提供型との大きな違いです。

資産提供型の場合は、
1回の作業につき、その分の報酬が発生するが、

コンテンツ型は
例えば1回動画や記事などのコンテンツを作成したら
ずっと残り続け、レバレッジが効くので
たった1回の作業が10にも100にもなる

といった感じです。

⑤コミュニティ型

イベント系などがこれに当たります。

例えば、イベントを重ねて
だんだんコミュニティ化していくといった感じです。

 

バーベキューや合コンなど、
対面型で行うことでより濃い信頼構築が築け、
売り上げにつながる。

まとめ

まず個人でビジネスを始めるなら
コンテンツ型」がおすすめです!

例えば、最初コンテンツ型ではじめ、
その規模が大規模になってきたら
コミュニティ型のビジネスに展開していけます!

 

そしてコミュニティ型が安定してきたら
資源提供型のコンサルティングなども
できるようになります。

ただ、資源提供型のビジネスを行う場合、
高単価で行うことが大事になってきます。

そのためにはコンテンツ型やコミュニティ型で
信頼構築していくことが大切になってきます!

 

今回解説した内容をしっかり理解して
ビジネスの全体像を知った上で
ビジネスに取り組んでみてください( ^ω^ )

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

稼ぐ為のスキルを身につけたいあなたへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧