【ネットビジネスの基礎】DRMを簡単解説

 

 

どーも、ちゅーやです!

 

今回は、

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)

について簡単に解説していきたいと思います。

 

 

今回お話する内容はビジネスの基礎中の基礎なので
今現在伸び悩んでる人やこれからビジネスやってみたい
と思っている人必見の内容となっています!

ぜひ最後まで読んでください!

 

ビジネスには2つのやり方が存在する。

まず、DRMとは日本語に略すと
ダイレクト・レスポンス・マーケティング
と言います。

 

つまり、

お客様と直接やりとりができるマーケティング手法。

ということですね!

 

 

そしてビジネスには2つのやり方が存在します。

① オープン型

② クローズ型

この二つに分かれます。

 

 

例えばオープン型でいうと、
ブログ、Twitter、インスタグラム
などの不特定多数に対して
情報を発信することをいいます。

 

特徴としては、
相手が自分の媒体にアクセスしたときのみ
情報を見れるといった感じです。

 

 

 

そしてクローズ型は
ライン公式アカウントやメルマガなどです。

 

特徴としては、
自分から直接相手にアプローチができる。
つまり、自分が送りたいタイミングでメッセージや
セールスなどのオファーを流すことができるなど
11でのやりとりができるといった感じです。

そしてDRMはこのクローズ型のビジネスになります。

DRMのメリットは?

DRMのメリットとして、
教育から販売までの流れが作れることです。

 

 

例えば、オープン型だと
ブログなどでおすすめの商品を紹介したときに

「このシャンプーいいよ!」といっても
「なんでそのシャンプーがいいのか?」
がよく伝わりません。

つまり、
「なんでこのシャンプーが必要なのか」
「このシャンプーを買うことでどんな未来が待っているのか」

といった相手にとってのメリットが
伝わっていない状態になっています。

つまり教育不足ということです。

 

 

ただしクローズ型の場合、
伝えたい商品の魅力や詳しい使い方などを

ステップメールとして
11通段階を踏んで伝えることができます。

 

例えば、1日目
「このシャンプーにはこういった成分が含まれており、
髪へのダメージが最大限に防げます」

2日目
「なぜ髪へのダメージが最大限に防げるのか?」

3日目
「艶のある髪質がキープでき、香りも良い!」

4日目
「長く使うことで痛んだダメージのある髪が元通りに!」

 

といったようなステップで
商品について細かく説明でき
つまり、お客様との信頼構築ができます。

このように、メリットや魅力をしっかり伝えた上で
セールス(販売)をすることで高い成約率になリます。

 

なのでオープン型のブログなどは1回で一気に
説明しなければならないので、濃い信頼関係が
築けずにスルーされてしまうといったことになります。

 

 

収益を生むには絶対的に信頼性が必要です。

 

例えば、町で知らないおじさんが
いきなり50円でジュースを売ってきても
プラス50円出してコンビニで買いますよね。

 

それは「知らない人だしなんか怖い」
という気持ちになるからです。

このように、物を売る時は
信頼性はとても重要になってきます。

ステップメールの効果とは?

ステップメールの効果として
「ザイオンス効果」というものがあります。

簡単に説明すると、単純接触頻度というもので
つまり、会えば会うほど好きになるということです。

 

例えば僕の場合だと、
最初はなんとなーくで見始めたアニメでも
三話、四話、五話……と見ていくにつれて
最終回にはめちゃくちゃ好きになってる
なんてことしょっちゅうです(笑)

(東京グールとかマジでやばかった)
(あっ、あと凪あすも!)

 

それと職場恋愛とかもそうですよね!

 

 

そして、商品を売りたいときには
必ず必要性を伝えることが大事になってきます。

「なぜこの商品が必要なのか?」
「この商品があればどういったメリットが得られるのか?」

という必要性がわからないとお客様は購入してくれません。

 

 

なので、必要性を持ってもらうために
ステップメールで段階を踏んで伝えていき
そのお客様にとって適切な商品を適切な形で
販売することが重要になってきます!

まとめ

簡単ではありましたが、
いかがだったでしょうか?

ビジネスをする上で、
今回お話した内容は基礎中の基礎です。

 

ぜひ何回も読んで復習してみてください!

では、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

次回のブログもお楽しみに!(^^)!

稼ぐ為のスキルを身につけたいあなたへ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧